コトノハのシズク Blog(仮)

肉の妖精のライフログ。

すごい日本地図

すごい日本地図があるとDPZの記事で拝見して行ってみたら本当にすごかった。

 

‪日本列島の立体模型地図がすごすぎて動けなくなりました https://dailyportalz.jp/kiji/should_see_the_three-dimensional_map_in_tsukuba

 

‪場所はつくば研究都市群の中にある地質標本館。隣はJAXAだけど互いの入口は歩いたら10分以上かかりそう。‬

 

‪入口の吹き抜けにはいきなり、裏返した日本地図と長さの違う棒に吊るされた大きさの違う球。これ、地底から見ているイメージで、日本で起こった大きな地震震源の深さを棒で、マグニチュードを球の大きさで表している。何それ早くも大興奮!‬

f:id:tomosaku:20190811112751j:image
f:id:tomosaku:20190811112755j:image

 

‪で、件の日本地図。本当にすごい!‬

f:id:tomosaku:20190811113438j:image

 

‪立体造作された地表と海洋が下地となり、タッチパネルをいじるとプロジェクションマッピングで映像が投影されて、ベースになる地図や、鉄道網、河川網、等高線等深線、断層や構造線などなどが様々に切り替わる。すごい、すごいしか出てこない(語彙力)。‬

f:id:tomosaku:20190811113041j:image
f:id:tomosaku:20190811113413j:image
f:id:tomosaku:20190811113118j:image
f:id:tomosaku:20190811113410j:image

 

‪日本って細長い国土なのに山岳国家だし、海側もすぐ近海に深いところが並んでいるし、小笠原諸島の海底火山と島の紙一重さもあるし、地球規模で「起伏に富んだ土地」だなと思わさせられる。‬

f:id:tomosaku:20190811113241j:image
f:id:tomosaku:20190811113248j:image

f:id:tomosaku:20190811113251j:image


‪そんで、ポチポチいじってると、なんとなく今自分が日本を支配している気分になれるのも楽しい。‬

 

‪別の部屋には、環太平洋の地形が分かる模型があるのだけど、これもすごい。分かっちゃいたけど、やはり日本近海は様々なプレートが沈み込んでいる海溝のデパートなんだけど、これ、大陸側(中国側)から見ると、日本の向こうに崖があるようにしか見えないのな!と一緒にいた友人が言ってて得心した。‬

f:id:tomosaku:20190811113546j:image
f:id:tomosaku:20190811113536j:image
f:id:tomosaku:20190811113550j:image

 

‪他にも、火山と温泉の関係(これも日本とその周辺が高密度!)、日本を貫く中央構造線フォッサマグナと断層の展示、石や化石の展示(都道府県の石なんてあったの初めて知った)などなど、たっぷり楽しんでしまった。これで無料とかなんなの。ネ申なの。‬

f:id:tomosaku:20190811113642j:image

f:id:tomosaku:20190811113646j:image
f:id:tomosaku:20190811113650j:image

f:id:tomosaku:20190811113639j:image

 

‪夢中になりすぎて隣のJAXAの展示を見に行く時間が取れず(まだ行ったことない)だったし、科学をテーマにしたイベントとかをあれこれやっているみたいなので、ここら辺はまた来たい!‬

いらつく作家〜クリスチャン・ボルタンスキー展

クリスチャン・ボルタンスキーの作品は、いつもイライラさせられる。

f:id:tomosaku:20190811111525j:image

 

それでもやはり展示があると聞くと行ってしまう。それだけ、ワシの心にぞわぞわを植え付ける現代アーティストなワケだけど、今回、国立新美術館でLifetimeと名付けられた回顧展をやるってんで、やっぱり来てみた。

 

そして、とんでもない疲労感を持っていま、会場を後にしている。

f:id:tomosaku:20190811111528j:image

 

いや、理由は分かってるんだよね。氏の作品は常に「消失」を意識させられる。有り体に言えば、「死」を直視させられる。物理的には非暴力(アート作品だから当たり前)なのに、心の奥底に向けてとんでもなく暴力的に、「死」を語りかけてくる。

f:id:tomosaku:20190811111658j:image

 

だからいつも、生という名の急流に飲まれ溺れているような苦しさを覚える。f:id:tomosaku:20190811111533j:image

 

たくさんの点灯する電球が置かれた部屋、その電球はこの会期中に3つずつ消えていき、最後の方の日には暗い部屋になっていく「黄昏」という作品が、今回は特に響いた。分かりやすいが故に染み込む消失の実感。

 

 

そしてこの後、SNSでの友達からの情報で、「エスパス ルイ・ヴィトン東京」でやっていたボルタンスキーの映像作品の展示「アニミタス2」も行ってしまった。まさかのはしご。まぁそっちは、そこまで抉ってこない作品だったのでのんびり楽しんだけど。

f:id:tomosaku:20190811112030j:image
f:id:tomosaku:20190811112039j:image
f:id:tomosaku:20190811112033j:image

森ヒロコ・スタシス美術館のこと

ワシの好きな画家で、スタシス・エイドリゲヴィチウスなるポーランドのアーティストがいるのだけど、日本で唯一その作品を常設展示しているのが小樽の「森ヒロコ・スタシス美術館」。銅版画家の森ヒロコさんが、親交のあるスタシスの作品を自らの美術館に置いているもの。

 

f:id:tomosaku:20190426084451j:image

 

ワシも何度かお邪魔したことがあって、一度はmixiのスタシスコミュニティのオフ会もやって(まさかの小樽に4人集まった)、その時の参加者の計らいで館長の長谷川さん、森ヒロコさんご自身とも交流させていただき、小さな美術館で至福の時間を過ごしたこともあった。

 

ところが3年前に館長の長谷川さんが、そして一昨年は森ヒロコさんが逝去され、想い出もあったのでとても哀しい気持ちになったんだけど、先月、小樽に行った時に思い切って美術館を訪ねてみた。とはいえずっと休館しているので、前に立って浸ってただけなんだけど。

 

入口に描かれたスタシスの絵はかなり風化してきていて、また胸の潰れる思い。覗き込んだ館内は、オフ会で来た時(9年前!)のまま。初めて訪れた時(14年前!)スタシスの絵の前で撮った森ヒロコさんの写真を引っ張り出してみれば、懐かしさが溢れてきた。

 

f:id:tomosaku:20190426084550j:image

森ヒロコさんとスタシスの絵(2005撮影)


f:id:tomosaku:20190426084553j:image

その絵(2019撮影)


f:id:tomosaku:20190426084544j:image

美術館入口のスタシスの絵(2005撮影)


f:id:tomosaku:20190426084547j:image

すっかり風化してしまった(2019撮影)

 

 

そんなノスタルジーに浸りながら小樽を辞してたワケだけど、何でも明日からGW中、小樽の「あとりゑ・クレール」というところで森ヒロコさんの遺作展をされるのだとか。ワシは行けないけどご案内だけ置いとこう。

https://otaru.gr.jp/tourist/atoriekure-rumorihirokotenn

ブラティスラヴァ世界絵本原画展&このあとどうしちゃおう

ブラティスラヴァ世界絵本原画展」を見に、千葉市美術館へ。

f:id:tomosaku:20190805160947j:image

 

こちら、​スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年ごとに開催される世界最大規模の絵本原画コンクールだということで、世界49ヶ国から作品が集まっているのだとか。まさに絵本の見本市。

 

そもそもトモサクが絵本?とか言われそうだけど、やはりコンテンツのひとつとして、幼少期に触れる絵本には興味津々なのですよ。まぁ大学時代の友人の影響が強く、思春期には離れていたのを見直した感なのだけど、やはりこう、丹念に見ていると発見が多いのが面白い。

 

で、本展。まさに世界中からなので、ぶっちゃけ文字の読めない絵本も沢山あるのだけど、そんな中でも絵だけで分かるものはあるし、解説のストーリー紹介を読んでも、やはりお国柄とか文化の違いとかを感じる場面が多くて、眺めているだけでも楽しい。

 

そして、日本からも何冊かノミネートされ、受賞作も何点か。例えば、金のりんご賞を取った荒井真紀氏の「たんぽぽ」は、緻密に観察された、まるで「デザインあ」のような解剖をしているのに、起承転結、物語性がある。身近な花にも知らないことが多いことを実感する。

 

日本からのノミネート作もほぼ展示されていて、原爆ドームを擬人化した「ドームがたり」や、狸と龍がメインを張っている、辰年で狸推しのワシ得な「えとえとがっせん」なんかが気に入ったけど、その中に、大学時代の同期が編集をしていた「このあとどうしちゃおう」(ヨシタケシンスケ)を発見!

 

や、知ってはいたけど実際に読むのは初めてで、パラパラめくっていたら。

 

……こりゃー、素晴らしい本だ!

 

ってことで、売店で買ってしまった。この先は、絵本原画展の話から、その絵本の話へ。

f:id:tomosaku:20190805161032j:image

 

死んだおじいちゃんの部屋を片付けていたら出てきた「このあとどうしちゃおう」ノート。そこにはおじいちゃんが「このあと」すなわち死んだあとどうしたいか、どうして欲しいかがたくさん描かれていた。

 

その「このあと」がすごくユーモラスで、少しほろりとする。

 

おじいちゃんは死ぬのが楽しみだったのかな。それとも……。というところから始まる“ぼく”の気付きがまた素晴らしい。子供に贈りたいし、大人が読んでも考えさせられること必至だと思う。年代によって受け取り方が全然違うんだろうな。

 

こういう本を世に送り出した同期が、ちょっと羨ましい。

f:id:tomosaku:20190805161105j:image

さようなら、所沢校舎

昨日は日芸・所沢校舎のお別れイベントに参加。平成元年に使い始め、平成31年の3月に終わるとか、まさに平成を駆ける校舎。

https://www.nuart-tokorozawa.com

f:id:tomosaku:20181223105504j:image
f:id:tomosaku:20181223105508j:image


基本的に1、2年生は所沢で授業だったのだけど、来年からは施設としては残るが授業はやらないらしい。

f:id:tomosaku:20181223105631j:image
f:id:tomosaku:20181223105628j:image
f:id:tomosaku:20181223105620j:image
f:id:tomosaku:20181223105623j:image


ワシがここに通ったのはもう20年以上前。でもゲスト講師や仕事絡みで卒業後も何度か来ていて、実はそこまでブランクがあったワケではないのだけど、やはり友達や後輩とぐるぐる校舎を回っていると、記憶力の悪いワシでもあれこれ思い出すもので。


アーセンや学食で一人ぼけっと座っているといつのまにか友達が集まってきたりとか。

f:id:tomosaku:20181223105011j:image
f:id:tomosaku:20181223105006j:image


所沢まで来て休講票を見た時のがっかりとか。

f:id:tomosaku:20181223105035j:image
f:id:tomosaku:20181223105029j:image


彫刻のあるロビーで友達の恋の相談を聞いたこととか。

f:id:tomosaku:20181223105133j:image


気になる女の子が珈琲好きと聞いて購買(オオヤブ)のコンロでお湯を沸かせて貰い学食内でネルドリップで珈琲淹れたりとか。

f:id:tomosaku:20181223105207j:image


恋人と駅まで歩いていたら横を通過する学生バスから後輩に見られて冷やかされたりとか。

f:id:tomosaku:20181223105245j:image
f:id:tomosaku:20181223105248j:image


春祭(春の芸術祭)を立ち上げた時に何もない目抜き通りにオーロラビジョンを置きヘリコプターを飛ばして花火を上げたとか。

f:id:tomosaku:20181223105322j:image
f:id:tomosaku:20181223105326j:image
f:id:tomosaku:20181223105330j:image


完全なるノスタルジー。でも、それに浸る時間がたまにはあっても良いよね。その思いを抱えて、当時よくいた航空公園駅前を散策し所沢駅前のプロペ通りで飲んで仲間たちと馬鹿話をして。

f:id:tomosaku:20181223105415j:image
f:id:tomosaku:20181223105412j:image
f:id:tomosaku:20181223105419j:image

 

みんな変わって、みんな変わってない、そんな時間を堪能した1日。

 

なお、お土産はバス券。

f:id:tomosaku:20181223105715j:image
f:id:tomosaku:20181223105712j:image

Sing Like Talking 30th Anniversary

大好きなSing Like Talkingというアーティストがいるのだけど、彼らがなんとデビュー30周年ということで、昨夜、大宮ソニックシティでのコンサートに参戦。20年ほど前に、デートで一緒にSLTのライブに行った人を誘うというプレイ込みで行ってみた(今でも友人)。

 

f:id:tomosaku:20181009093649j:image


誰?という方も多いと思うけど、一般的に有名なのは1987年ころのコカコーラのCM「I feel coke」を歌っていたのがボーカルの佐藤竹善さん。あと、かなり昔の「世界ふしぎ発見」のEDテーマに使われてたり……と言ってもやはり狭いし若い方には伝わらないけど、トモサク的には三大好きなアーティストの一角。


そんなライブはとにかく感動、感無量。30年に渡る名曲人気曲を何曲も、トークも含めて3時間40分の長丁場。一瞬たりとも飽きずに音楽の波に酔いしれた時間だった。


よく、10代の頃聞いていた音楽は一生残る、なんていうけど、まさに中学時代に聞き始めてハマった身にはドストライクなわけで。彼らの歌詞は、ワシにはとても「文学的」に思えて、それが子供の頃から小説が好きだった自分がハマったきっかけかもしれない。とにかく言葉遣いが絶妙で、そこにAORと呼ばれるジャンルの洋学的なメロディが乗っかり、とにかく格好良かった!でも(当時はまだ行っていた)カラオケでは、友人は誰も知らないという哀しみ。


客層は、ちらほら同世代や年下も見えるけど、やはり50代が中心。まぁアーティストがアラカン(55歳)だしね。しかし、サポートメンバーも含めてベテラン揃いなので、とにかく音のクオリティが高い。そしてやはり竹善さんの歌声が上手すぎる。通路側席の自分の横を通った時とか鳥肌が実った。


よく言われることだけれども。音楽には、その曲をよく聞いていた当時の記憶が紐付くもので。自分にとって思春期と言える時期を一緒に過ごしたSLTの楽曲は、ライブで聞きながらどんどん当時のことも思い出してきて。ある曲ではいつの間にか涙がふたしずくくらい零れていたりして。久々に、音楽で幸福に浸った時間だった。

ギターふぐ

東京タワー水族館が昨日で閉館したらしくて。

https://twitter.com/tta_info/status/1046202097471959040


ワシも数えるほどしか行ったことないんだけど、忘れられないエピソードがひとつ。


小学生の頃、土曜日深夜にやっていた「さだまさしのセイヤング」なるラジオが好きだったのだけど、リスナーからの葉書で話題になったのが「ギターふぐ」。


フグの剥製がギターを持っている!ということで大盛り上がりだったんだけど、何しろラジオだから実物が見えない。30年以上前のことだからネットもない。


そして、それが東京タワー水族館の土産物屋で売っていると言っていたので、そのためにわざわざ!小学生が船橋の奥地から東京タワーまで行ったのよね。


水族館も見た後、土産物屋で見つけた「ギターふぐ」は確か600円。小学生には高価な買い物だったけど、ラジオで聞いたものの実物に会えた喜びで買って帰って。もしかしたらまだ実家にあるかもしれない。


そんな子供なりの冒険をした思い出の場所。


なおギターふぐ、かなり昔に製造中止になっているらしくあまりネットにも情報がないけど、ものはこちら↓。

http://phantomfherlock.blog86.fc2.com/blog-entry-938.html