コトノハのシズク Blog(仮)

肉の妖精のライフログ。

デザイン解体新書

過日、「デザインの解剖展」を見にミッドタウンへ。「きのこの山」など明治の食品を取り上げて、そのプロダクトデザインを解剖してましたが。 すげぇ。 一応ワシも、一時期はデザインを生業としてたり、会社勤めしてからはCMやポスターとか宣材を手がけたり…

RENT 20周年東京公演観劇記(初日)

つかれた。 というのが、12月15日の夜、ミュージカル「RENT」を見終えての率直な感想。この作品、とにかく感情が揺さぶられるので、観劇後はとんでもない疲労感に包まれます。それは同時に、スポーツの後のようなすっきりとした満足感も携えているのです。 …

吉良さんの幻燈

ZABADAKの吉良知彦さんが亡くなった、という報がありました。 重要なお知らせ | Information | ZABADAK OFFICIAL SITE 56歳。若すぎる。個人的には、父親の享年と一緒というのも少し心に渦を残します。驚きと哀しみの中、昨夜から音楽を流し続け、寝ている間…

雅を楽しむ

招待券をいただきまして、何年かぶりに宮内庁式部職楽部・雅楽演奏会を拝見。 <会場外観> <会場。巨大な太鼓の装飾が美しい> <天皇陛下がいらっしゃる時は、ここから鑑賞されるっぽい。> ワシは、一応神主心得見習のくせに、雅楽に明るくはなく雑学以…

夢の中へ

こりゃ厨二や、厨二魂の実現や。 と嘘関西弁から始めてしまいましたが、振休を使って文化的な最低限度の生活を志す会(即興)で「FLOWERS BY NAKED」へ。 いやー、何この魂の厨二心をくすぐる空間演出。スチームパンクとモダンファンタジーとウィリアム・モ…

人付き合いのはなし

この3連休の話。 一昨日は大学の後輩と遊んで飲んで、昨日は会社の同僚とイベント行って飲んで、今日は神社の友達と飲んだ後に高校の友人&先輩と飲んで。図らずもこの3連休で、まんべんなく(という言い方は失礼だけど)いろんな繋がりの人と会えて、振り返…

きょねんのはなし

※年末にポストしろよ、って感じですが(実際FBでは年末にポストしてましたが)。 「ニクさん、年にどれくらい旅してるんですか?」と、こないだ会社の後輩に聞かれたので「15回くらいじゃない?」とテキトーに答えたのですが、「月に1回以上じゃないですか、…

銀河の歴史が、また1ページ

小説を書きたい、文章書きになりたい。 そう明確に思ったのは、中高生のころに「銀河英雄伝説」や「創竜伝」を読んだ時でした。全くのフィクションなのに、ひとつの歴史を創りあげているそのすごさに感銘を受け、ワシも紙上に歴史や人生を創りあげたい、と思…

12年ぶりの911メモリアル

2003年9月。ワシは初めてのニューヨーク(NYC)に行きました。当地(と言っても近くのデラウェア州)に留学していた友人を訪ね、その友人に連れていってもらったのですが、もう一つ明確な理由がありました。 2001年の911同時多発テロから2年。その現地を見て…

にわかニューヨーカー(北米大陸ぼっち横断7)

目を覚ましてみれば見慣れない部屋。そういえば、友人の家に世話になっているのでした。昨夜到着し、明朝出発するニューヨーク、丸一日いる今日5月10日(旅の7日目)は、実は朝時点でもノープランで、まぁ友人と一緒に、テキトーにブラブラ、案内もしてもら…

ナイアガラの国境越え(徒歩)(北米大陸ぼっち横断6)

カーテンを閉め切っているとはいえ、半モーテルの1階の部屋。すぐ外にはナイアガラの滝へ下る道。遮光カーテンの隙間から差し込む微かな光に、車両や人々の賑やかな声が聞こえてゆっくりと目を覚ますと……やばい、寝過ぎた!5月9日。旅の6日目は慌ただしさか…

移動日;横断とは(北米大陸ぼっち横断5)

横断の定義って何ですかね?ある一定の二つ以上の地点を、基準軸に対して横方向に移動すること。なんとなく言葉の定義として言うならそういうことになるでしょうか。なので、今回の旅を「北米大陸ぼっち横断」としているのは、北米大陸の西海岸沿いにあるバ…

どうあがいても、絶景(北米大陸ぼっち横断4)

やー、旅から帰ってきてからも、前の旅記からもひと月が過ぎていますが、しれっと続きを書いてみます。ちなみにタイトルは、ゲーム『SIREN』の広告コピー「どうあがいても、絶望」のパクリ。閑話休題。5月7日、旅の4日目の記録です。▼ワシは、幼少のころから…

カナダちょっと横断鉄道(北米大陸ぼっち横断3)

結局旅中は、行程を優先して2回目で終わっていたリアルタイム旅記。まぁそれはそうだわな。2日目夜から3日目、5月5日から6日に掛けての旅記です。▼ ワシがトラブルに遭おうとも、もちろん列車は関係なしに線路を進んでいきます。前回も書きましたが、バンク…

エメラルドグリーンを捜して(北米大陸ぼっち横断2)

ワシがカナダ・バンクーバーに過去3回も来たことがあるには一応理由があって、大学を出たてのころ、当時お付き合いをしていた方がバンクーバーに長期留学をしていて、要は遠恋っぽいことになっていたので会いに来ていたのです。ここで暮らしこの街を好いた彼…

バンクーバーの半日(北米大陸ぼっち横断1)

カナダはバンクーバーに来ております。前回来たのがたぶん12~3年くらい前で、過去三回来ているので、実に四回目。海外では随一の多さです。まぁその辺は、昔の色恋が絡んでくるのですが、それはまた、別のお話。今回の旅のキッカケは、陸マイラーで結構溜ま…

苦しむ心、クリアな脳、紡ぐ言葉

やっぱり人は苦しんだ方が良い。少なくとも、文芸(文学)を志す人間は苦しんだ方が良い。その理由が仕事であろうと私事であろうとどちらでも良いんですが、心が苦しむほどに自己の意識は内省し、その結果、自分のふんわりとした心を定義づけようとして、言…

かもめの本屋〜本棚に惚れた夜〜

行ったのはもう二ヶ月以上前のことだけど、書きかけていたのを書ききる所存。「校正の会社が神楽坂で始める本屋」という話題を初めて見たのは昨年の9月。ちょうどその近辺、書店員や編集者、校正者が主人公が小説をたまたま読み漁っていたこともあって、心に…

うどんタイン

やー、今年も、不肖の身に過分な友チョコ義理チョコを賜り恐縮至極。しかしながら、本命的なものが無いというのはどういうことだと小一時間(略)(←38歳のおっさんの台詞とは思えん)。いやまぁ、営業日の13日にのみ頂戴している時点で、本命も何もありませ…

20年越しの感謝

先月下旬のことですが。大学一年生の時に、ゼミで担当教諭だった中村文昭先生が、今年度を以て専任教授を退職されるということで母校で開催された「感謝する会」に参加してきました。仕事もあったので終わる20分前くらいに駆けつけたのですが、会場の文芸学…

ビフテキ恵方巻き

ネットニュースで見かけた池袋東武「スギモト」の、松坂牛の恵方巻き。http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1501/14/news149.htmlこ、これは肉の妖精的に食わねばならぬのではっ!と思いつつ、12,960円という値段に躊躇しておったのですが、SNSでそんなこ…

天にも昇るほど、働け~おみくじ2015

大丈夫……旧暦ならまだ新年は来ていない……。とまぁ、年が明けても全然アレな感じで過ごしておりますが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。いろんな意味で今更感のある2015年一発目のテキストでございますが、内容も今更感のある……<ここからテンプレ>ほぼ…

つれづれづれ

やー、先月はブログやmixiを始めてから初めて、ひと月の間にひとつも日記を書かない月になりました。そんで、一度やってしまえばそれに対する気がかりなんて簡単に薄れてしまうもので、今月も日記を書かないまま大晦日。一時期、mixiでですが1100日以上連続…

日曜の文化充

図らずも、直近の日曜日が二回ほど続けて、日本文化的なものに触れる機会となりまして。▼先週、19日の日曜日は、埼玉県川越の「川越まつり」。二日間で公称約100万人近くの人出がある大きなお祭りです。この祭りの特徴は、やはり豪華絢爛な山車と、その山車…

プロージット!

先の18日土曜日は、昼に「東京食肉市場まつり」に行って肉食と肉買いをしてきたのですが、夜は、大好きな小説関連のイベントが高円寺で開かれると知って、つい参加して来ちゃいました。銀河英雄伝説好きの飲み会 in 薬酒Bar高円寺 〜リアルにプロージットし…

2周半

先の日曜日、中学校の同窓会がございまして。クラス単位ではなく学年単位だったので、実質、卒業後初の学年同窓会。すなわち、15歳の卒業から23年の時を閲しての開催でございます。23年!中学卒業までの年齢を基準にするなら、その倍の人生を生きてさらに8年…

it's' a small world

いや、なんか今更の話しなんですけどね。昨夜、神宮前の馴染みのバーにいったんですよ。ダンディなマスターと愉快なママさんがやっている落ち着いたお店で、バーなのに毎度食事が充実している、一見さんお断りってワケではないけど馴染みのお客さんがほとん…

シマシマ

シマシマと言えば、世の中的には馬か漫画の名前かで知られていますが(そうでもないかな?)、旅人的には長野県の新島々駅が有名ですね(ワシの中では)。でも今日はそっちではなく、四万温泉のお話し。って、前の旅記を、四日間のウチ一日目しか書いてない…

10年大昔

旅の途中ですが、今日はちょっと別の話。って、リアルタイム旅記自体初日しか書けてませんが。これ、勢い失って書けなくなるパターンですが!▼確か今日でmixiに登録してから10年だと思います。最初の日記が2004年8月13日で、その前日に登録してたと思うので…

絶景ローカル線!川沿い温泉&ご当地グルメで湯ったりのんびり各駅停車の旅

……なんか、しょっぱい旅番組のタイトルみたいにしてみましたが、一応、今日の旅要素が全部入っているという摩訶不思議。 てことで、何年ぶりか、恐らく10年以上ぶりだと思いますが、JRの「青春18切符」を使った旅に出ております。そもそもの話し、夏休み的な…

制覇(宿泊的な意味で)

いやぁ、もう旅から帰ってきてからも一ヶ月以上経つんですなぁ……。ということで、ひとつ前の日記に書きました「経県値」を真っ赤に染める旅、すっかり6月の21日〜23日で果たして参りました。日本四十七都道府県、最後の未宿泊県だった滋賀県に泊まり、経県値…

ニッポンを、赤く染める

サッカーに対抗したタイトルってワケでも無いのですが……。▼『経県値』が、五年近く動いていません。『トモサク』さんの経県値&経県マップ【生涯経県値】http://uub.jp/kkn/km.cgi?MAP=44444444444554444444444434444444444444444444444&NAM=%83g%83%82%83T%…

辞書を編む人たち

「編む」という言葉が好きです。まず何が良いって語感、「あむ」という、一見(一聴)舌っ足らずさをすら感じる柔らかい響き。そして意味、幾つかのものごとを取りまとめて一つにする、という行為は、同じ漢字が「編集長」などで使われるように、ワシのプロ…

晴れたから市原、行ってみた

ってまぁ、もうひと月くらい前の話ですし、本当に楽しかったのですぐにもオススメのテキストだけでも書きたかったのですが、気が付けば今週末が、会期末……嗚呼、せめてGW前に書いていれば!なんて嘆いたふりをしつつ、特にここで書いたところで影響力が無い…

チョーさん

うん、まぁ、「超会議3」を適当に略してみたらいかりや長介みたいになったよね。うぃーっす。てことで今年もニコニコ超会議3、閉幕しました。第一回、第二回は、事務局と呼ばれる中心組織で、事務局長という現場責任者的な、大層なポジションでイベント作…

noteを取ろう、noteで(お金を)取ろう

「note」ってサービスが始まりました。『クリエイターと読者を繋ぐサイト』cakesの新事業で、ユーザーそれぞれが自分の記事、音楽、動画、写真などを販売することが可能な、ある意味でセルフパブリッシングなプラットフォームサービスです。気になる新サービ…

日藝の卒展、文芸の卒業生

母校で卒展……卒業制作展示があるというのをtwitterで拝見しまして、お、ちょうどこの三連休中ならどっかで行けるんじゃね、ということで先の日曜日にフラリと行ってみました。これも母校近くにセカンドハウスを構えている故かも。ワシが現役の頃にこういうの…

♪クロネコヤマトの宅急便♪の宅急っぷり

二週間くらい前になりますが、クロネコヤマトの宅急便でお馴染みのヤマト運輸、その羽田に出来た新しい物流ターミナルに見学に行って参りました。いわゆる、オトナの社会科見学、的な。大人をオトナと書くと違う想像g(殴打羽田クロノゲート | ヤマト運輸ht…

アレルギー性

ワシは、慢性の鼻炎です。なので、年がら年中鼻が詰まっていますが、まぁここまで詰まっていればもうその状態が日常ちゃめしごとなので、ワリとどうでも良いのです。でもこの数年、春になるとその鼻炎の症状がちょっぴり普段よりひどくなったな、という気は…

1096

2011年3月11日から今日までの間に、1096日が過ぎ去ったらしいです。1096日!3年、と聞いても結構な月日を感じますが、「日常的な行為」を1096回繰り返すほどに日付を渡っていることは、数字のマジックですが、より長さを感じます。ちなみに、2011年3月11日14…

恩師を参る

一昨日の3月1日土曜日、自由が丘にほど近い九品仏にあります「浄真寺」に行って参りました。目的は、大学の、ゼミの恩師の、墓参り。ワシが大学の3,4年に師事した……とまで言えるかは分かりませんが、ま、ゼミの先生だった方は、六年前の三月、大学講師の…

指を置いたら新世界

過日、銀座にありますギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)に行って参りまして、お目当ては「指を置く」展 。「指を置く」展 開催中http://www.masahicom.com/blog/index.cgi/information/20140207puttingfinger-ggg.htmメディアアーティストの、あるい…

三日で二冊

年が明けてからの読書ペースが自分史上最大級の速度です。ワシは、読んだ本の感想ないしは記録を、雑誌以外はブクログに書くようにしております。ま、感想だけならmixiレビューにも同じものを書いていますが。で、その1月のグラフがこちら。2014年1月の読書…

歌舞伎座勤務者の歌舞伎鑑賞

記憶と記録を振り返ってみれば、以前歌舞伎座に歌舞伎を見に来たのが2007年の3月。演目は「義経千本桜」。以前、と言っていますが、初めて歌舞伎座で歌舞伎を観劇したのがその時です。その後、歌舞伎鑑賞教室として国立劇場に「華果西遊記」を見に行きました…

ひとまわり、12年。

2002年2月1日、ワシは今の勤務先にデスクを持ち、初めての出社をしました。それまで、フリーでデザインやイベントの仕事をしていたワシにとって、初めてのサラリーマン生活です。就職もせずに、学生時代に培ったコネと技術でやっていた仕事も、二年ほどで飯…

三つ子の繋がり、百まで

通う神社の話題が続いて恐縮ですが。その神社には「託児所」と呼ばれる部屋があります。子供を預ける場所、というよりは、子供さんと親御さんが一緒にいられる場所(そこにいると、神社内を結ぶテレビで説法的なお話しとかが聞ける)。子供さんの方は、0歳か…

動かざるごと艮為山のごとし~おみくじ2014

今更ながら新年のご挨拶……というにも遅すぎるので、まぁなんか、皆さん引き続きよろしくお願いします。<ここからテンプレ>そんでまぁなんかほぼ毎年書いている新年の恒例備忘録。ワシの通う神社で今年ワシが引きました「おみくじ」についての記録です。な…

忘年

毎年言っておりますように、あまり年の瀬だからといって一年を振り替えるような性質ではないのですが、例によって12月にひとつも記事を書いていないのでせめてものあがき日記。 いろいろ書きたいこと、すなわち自分にとって記録しておきたいことは山ほどある…

夢の王国に、驚喜

映画「夢と狂気の王国」を見て参りました。ものすごく率直に言ってしまうと「ここまで良いとは思わなかった!」。や、一応この作品の公開が発表された時にですね、「お、砂田麻美監督で、音楽が高木正勝さんか。これは期待できそうだ」と思いつつもですね、…

全力のお伽話

例によって、Facebookやtwitterに書いたもののほぼコピペ、少し加筆、ですが、一応ここでも書いておこう。高畑勲監督、スタジオジブリ作品「かぐや姫の物語」、公開日に見てきました。のでその感想をば。ネタバレは、たぶん無しレベル。大前提に、人を選ぶ映…