コトノハのシズク Blog(仮)

肉の妖精のライフログ。

ブラタモリ「熊野の観光」私的まとめ

※大斎原大鳥居周辺。ここだけ広い中洲。 NHK・ブラタモリ「熊野の観光」視聴。テーマは「熊野観光の“深〜い”魅力とは」だったが、テーマを見て地殻や火山活動が絡むだろうという察しは正しかった。それらが産み出した様々な観光資源の由来を辿る。 串本の橋…

ブラタモリ「熊野」私的まとめ

NHK・ブラタモリ「熊野」視聴。テーマは「なぜ熊野は日本の聖地になった?」。 舞台はワシも何度か訪れている熊野三山。都である京都からは300km離れているが、蟻の熊野詣でと言われるほどに参拝者が多く、そこには誰もが訪れたくなった理由がありがたい理由…

赤城山登山

昨日。「朝5時に起きられたら赤城山登りに行こー。でも前夜もしこたま飲み食いしてほぼ終電で帰ったから起きられるワケないよねー」と思ってたらまさかの3時半に目が覚めてしまったので、予定を早め4時半に家出て電車とバスに揺られて4時間半。 赤城山登って…

ブラタモリ「阿寒・摩周」私的まとめ

NHK・ブラタモリ「阿寒・摩周」視聴。テーマは「“色”とりどりな宝の秘密とは」。先に書くがこの色とりどりとは「摩周ブルー」「黄色い硫黄(硫黄山)」「純白のエゾイソツツジ(硫黄山近辺)」「緑のマリモ(阿寒湖)」そして「黒い滝」であった。さて、それ…

ブラタモリ「釧路湿原」私的まとめ

NHK・ブラタモリ「釧路湿原」視聴。 ※釧路湿原(撮影筆者) テーマは「世界に誇る釧路湿原のスゴさとは」。釧路湿原はたぶん3~4回は行ったことがあるが、その広大さと、鉄道に乗りながらの左右の風景は日本でも類を見ない絶景だと思う。 そんな釧路湿原は、…

遊んでみた〜マーダーミステリーゲーム

昨日プレイしたマーダーミステリーゲーム「王府百年」所感。 そもそも何それ、という方も多いと思うけど、このゲーム、まず各自がプレイするキャラクターとその設定、背景を与えられ、他のプレイヤーとの議論や密談、取引を通じて、各キャラクターのミッショ…

縁と絆と紡ぐもの〜塩田千春展

「塩田千春展 魂がふるえる」(森美術館)に行ってきた。 ワシが氏の作品に初めて触れたのは、2009年の越後妻有アートトリエンナーレ(大地の芸術祭)に出展していた「家の記憶」という作品。古民家に糸を張り巡らせ地元住民の家具などをよりつけたインパク…

すごい日本地図

すごい日本地図があるとDPZの記事で拝見して行ってみたら本当にすごかった。 ‪日本列島の立体模型地図がすごすぎて動けなくなりました https://dailyportalz.jp/kiji/should_see_the_three-dimensional_map_in_tsukuba‬ ‪場所はつくば研究都市群の中にある地…

いらつく作家〜クリスチャン・ボルタンスキー展

クリスチャン・ボルタンスキーの作品は、いつもイライラさせられる。 それでもやはり展示があると聞くと行ってしまう。それだけ、ワシの心にぞわぞわを植え付ける現代アーティストなワケだけど、今回、国立新美術館でLifetimeと名付けられた回顧展をやるって…

森ヒロコ・スタシス美術館のこと

ワシの好きな画家で、スタシス・エイドリゲヴィチウスなるポーランドのアーティストがいるのだけど、日本で唯一その作品を常設展示しているのが小樽の「森ヒロコ・スタシス美術館」。銅版画家の森ヒロコさんが、親交のあるスタシスの作品を自らの美術館に置…

ブラティスラヴァ世界絵本原画展&このあとどうしちゃおう

「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」を見に、千葉市美術館へ。 こちら、​スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年ごとに開催される世界最大規模の絵本原画コンクールだということで、世界49ヶ国から作品が集まっているのだとか。まさに絵本の見本市。…

さようなら、所沢校舎

昨日は日芸・所沢校舎のお別れイベントに参加。平成元年に使い始め、平成31年の3月に終わるとか、まさに平成を駆ける校舎。 https://www.nuart-tokorozawa.com 基本的に1、2年生は所沢で授業だったのだけど、来年からは施設としては残るが授業はやらないらし…

Sing Like Talking 30th Anniversary

大好きなSing Like Talkingというアーティストがいるのだけど、彼らがなんとデビュー30周年ということで、昨夜、大宮ソニックシティでのコンサートに参戦。20年ほど前に、デートで一緒にSLTのライブに行った人を誘うというプレイ込みで行ってみた(今でも友…

ギターふぐ

東京タワー水族館が昨日で閉館したらしくて。 https://twitter.com/tta_info/status/1046202097471959040 ワシも数えるほどしか行ったことないんだけど、忘れられないエピソードがひとつ。 小学生の頃、土曜日深夜にやっていた「さだまさしのセイヤング」な…

肉宴

大阪の料理教室「FOOVER」さんが東京上陸をされるということで、そのプレイベントがありまして、お友達に呼んでいただいて合流。 したところ、高級輸入食材を扱うアルカンさんが世界各地で選んで仕入れてきた食材を、元ミクニのシェフが調理して振る舞う。何…

知の系譜

[世界を変えた書物]展にやってきた。上野の森美術館。入館可能時間ギリギリになってしまい、駆け足で見ようかな、と思ったのだけど。 バカバカバカ!トモサクのバカ! と自分を詰りたいくらい時間足りねぇ。なんだよ少なく見積もっても2時間はいるじゃない…

ケン・ヒル版オペラ座の怪人

ミュージカル「オペラ座の怪人(ケン・ヒル版)」を鑑賞。 オペラ座の怪人といえば、いまやアンドリュー・ロイド=ウェバー版のミュージカルが水準器と言っても良いほどだが、その初演の10年前、1976年に初上演されたのがこのケン・ヒル版。オペラ座の怪人と…

縄文の美

ちょっと日が経ったけど、東京国立博物館で開催中の「縄文展」​雑感。今週末で終わりだけどね! こんなにも緻密で、美しかったのか……! というのが、最初の、そして全体的な感想。日本の北海道から九州・沖縄まで分布した「縄文時代」は世界的にも珍しい文化…

トモサク・ハイウェイ

「ペンギン・ハイウェイ」の舞台をネット情報も元にプロッティングしてはみたんだけど、言うても著者・森見登美彦氏が生まれ育った町(生駒市)とその周辺で、そしてなんとなく、聖地巡礼をしに行く感じは湧いてこなくて。 むしろこの作品に触れると、自分が…

よりもい見て創作意欲を失った話

いや、一時的にだけどね。 放送は終わったのにすっかりハマってしまっている「宇宙よりも遠い場所」。ひと月以上前にBlu-rayの最終巻も来たんだけど、割と繰り返し見ていて他の映像消費に影響を与えるほど。まぁ自分でも、ここまでハマるのはキモい感あるけ…

高川山登山

急遽予定が空いたので、計画だけ立ててた近場の百名山どこか登ろうと思ってたのに、目が覚めたらそれら全てに間に合わない時間だったので、近くて駅から登れて4~5時間くらいの山を探して見つけた山梨県は高川山。山梨百名山のひとつで大月市秀麗富嶽十二景…

映画「カメラを止めるな!」見てきた

こんだけ話題になってしまったから、まぁあまり「ネタバレ」とか気にしないで(とはいえ事前情報は仕入れずに)鑑賞。川崎はチネチッタ。 まず、エンタメ映画としてきっちり面白かったってことは素直に感じた。役者の個性も出ていて、アイデアも良く見せ方も…

ダム酔い

八ッ場ダムで酔ったんですよ。 先週末、新潟方面を旅してたんだけど、その旅のハイライトの一つ、八ッ場ダム。群馬県だけど。 その様々な背景は一旦置いといて、あの規模の大型ダムの建設中の模様が、比較的行きやすい場所で見学できるってことで、巨大建造…

RENT2018

ブロードウェイの伝説的ミュージカル「RENT」が再び日本上陸ということで、RENT好きの友人に誘われ行ってきた。一昨年ニューヨーク行った時には聖地巡礼もしちゃった我々だしね。 やー、やはり素晴らしい物語と音楽。ワシが言うと笑止だけど、この作品を観る…

大肉会

散々「ちょっと大規模な個人の飲み会」と言ってたけど、「違う、これイベントじゃん」ってことに気付いたのは、本番前夜に運営マニュアルをしこしこ作ってた時。遅っ! てことで「大肉会」。「平成29年、ニク年だし、なんか大きい肉会やりたいよね」という酔…

頓挫のホンネ

今週、飲む人からも打ち合わせする人からも「お帰りなさい、日本一周おつかれさま」と言っていただき、あんな旅でも追ってくださった方がいて嬉しいところ。 そして口々に「途中欠航、残念」と労っていただけるのですが……企画倒れに終わったのは残念だけど、…

日本一周GPS&歩数

もう少しフェリー日本一周ネタ。 最近、スマホのGoogleMAPをGPSロガー代わりに使っておりまして、フェリー乗れたてたとこまでの軌跡を追ってみました。 ログは粗い&日によって縮尺違うので分かりにくいですけど、最終日の帰京のも併せると、一応日本一周した…

日本一周小咄

その1「3周目」。 一回の旅で日本一周するのは今回が3回目。いや、今回フェリーでの日本一周は挫折したけど、まぁ一応北海道、沖縄と巡ったし。 ちな過去回は。日本最北端の稚内を0時に出てその日のうちに民間人が行ける日本最南端波照間島に行った「一日で…

琉球エキスプレス乗船記

そういえばこのブログの方では続報を書いていなかったけど、フェリー日本一周は、沖縄から鹿児島の船が台風欠航で企画倒れとなることに。その後は沖縄滞在で楽しんでおりました。 そんな、3本目にして最後の船になってしまったマルエーフェリーの「琉球エキ…

台風と一緒

12日18時半に大阪南港を出てから27時間半、紀伊水道を抜けて四国南方から九州の東へ、薩南諸島を抜けてトカラ列島沖を進み、奄美大島は名瀬港に定刻22時10分に到着。無寄港なのはともかく、あの台風というか嵐の中を……すごいなぁ。 外洋に出てからは少し揺れ…