コトノハのシズク Blog(仮)

肉の妖精のライフログ。

0時、宗谷岬【一日日本縦断】

7月11日0時、宗谷岬にて同行にしてドライバーをしてくださっている(というかこの企画をワシにけしかけた張本人の)友人とささやかに出発式的な何か。


これから本日中に、直線距離で約3000kmを移動して、沖縄県は八重山諸島、波照間島に向かいます。




ルールはたったの二つ。


1.0時以降に、日本最北端の宗谷岬を出発し、日付の変わる前に、
日本最南端の波照間島の「日本最南端の碑」にたどり着く。
※この場合の「最北端」「最南端」とは、一般人が通常の方法で行ける範囲。
(よって、択捉島、硫黄島、沖ノ鳥島は除く)
※交通手段は問わないが、一般人が手配できる範囲。
2.宗谷で利尻昆布を買って、波照間の宿の人に、
「お土産です、今日買ってきました!」と渡す。





まずはレンタカーで宗谷岬を出発。朝、新千歳空港を発つ飛行機に間に合うよう、これから夜通し、ひたすら日本海沿いを南下していきます。ワシは免許を持っていないので、頑張れ友人!


新千歳空港までの距離は約400km。案外ギリギリです。最初の移動からいきなりリスキーですが、まぁ張り切って行ってきます!


写真
・宗谷岬にて、いちお0時を回った時計と最北端の碑
・試しにナビで波照間まで検索したらえらいことに!地図入りきらんし、到着時刻10時5分て、何日後?
・関係ないけど昨夜の晩飯。稚内で鮨。しゃりがイマイチ。

7時、新千歳空港【一日日本縦断】

深夜の強行軍ドライブは意外に順調。局所的にガラスを打ち付ける雨に振られたり、街灯?ナニソレ?ってくらい暗い道を長時間走り続けましたが、日本海沿い、増毛あたりで明るくなりはじめ、雄冬あたりの断崖沿いの道ではもう朝の空気。


さすがにしんどくなって(主にドライバーが。あざッス)、休み休みで進んできましたが、それでも6時過ぎには新千歳空港着。


これから、8時発のJAL2500便で、一気に関西空港に飛びます。そして待ち受ける、この旅最大の難関!地味な難関だけどな!笑


ちなみに、結構寒いです。さっき出てた気温計は17度でしたがもっと寒いかも。深夜は10度台前半だった気がする。


んで、沖縄の今日の気温は30度越えー(←ちょww)


写真
・稚内で買った利尻昆布。これを波照間に届けなければ!
・空港にて。





●ルール

1.0時以降に、日本最北端の宗谷岬を出発し、日付の変わる前に、
日本最南端の波照間島の「日本最南端の碑」にたどり着く。
※この場合の「最北端」「最南端」とは、一般人が通常の方法で行ける範囲。
(よって、択捉島、硫黄島、沖ノ鳥島は除く)
※交通手段は問わないが、一般人が手配できる範囲。

2.宗谷で利尻昆布を買って、波照間の宿の人に、
「お土産です、今日買ってきました!」と渡す。

10時半、関空【一日日本縦断記3】

新千歳空港発JAL2500便の関西国際空港着が、10時10分。


関西国際空港発JTA83便石垣空港行きの関空発が10時45分。


ちょっとの遅れが致命的な、今回一番の難所です。


現実的には、新千歳発の便が10分早く着き、乗り換えも、隣のスポットだったんで、むしろ余裕が生まれました!運の良さも旅の資質!(イミフ)


写真
・関空。初めてきた。でかい。今度ゆっくりめぐりたい。
・23番スポット。到着は隣の22番でしたー。。





●「一日日本縦断」ルール

1.0時以降に、日本最北端の宗谷岬を出発し、日付の変わる前に、
日本最南端の波照間島の「日本最南端の碑」にたどり着く。
※この場合の「最北端」「最南端」とは、一般人が通常の方法で行ける範囲。
(よって、択捉島、硫黄島、沖ノ鳥島は除く)
※交通手段は問わないが、一般人が手配できる範囲。

2.宗谷で利尻昆布を買って、波照間の宿の人に、
「お土産です、今日買ってきました!」と渡す。

15時、石垣島【一日日本縦断記4】

ついに石垣島まできたどー!


石垣島では二時間くらい時間があるので、空港から離島ターミナルへ移動して、で取りあえず波照間島行きのチケットを所望し、公設市場のあるアーケードへ。市場や商店を冷やかしつつ、昼飯に「琉球そば専門店」と銘打った「真仁屋」へ。そばはフツーでしたが、上に乗ってる肉はなかなか。


それから、公設市場前の「本村製菓」で、黒糖、ちんすこう、紅いものお菓子を所望。この店、去年初めて石垣に来た時に友達に教えて貰ったんですが、上に書いたアレコレの味が、明らかに他の店と違って美味い!お気に入りです。あわせて、店内で食える「雪氷」の「黒糖」を所望。氷がさらさらで美味しい!台湾で流行っているそうです。さらに店のおいちゃんに、波照間の夜食にどうぞ、とパンみたいな「こんべん」なるものをいただき、ケータイの充電もさせていただき、人情に感激!


さ、これから最後の仕上げ、波照間島へ船でGO!





写真
石垣空港。暑い!
琉球そばとソフトドリンク
・離島行き船ターミナル。いざ、出発!





●「一日日本縦断」ルール

1.0時以降に、日本最北端の宗谷岬を出発し、日付の変わる前に、
日本最南端の波照間島の「日本最南端の碑」にたどり着く。
※この場合の「最北端」「最南端」とは、一般人が通常の方法で行ける範囲。
(よって、択捉島、硫黄島、沖ノ鳥島は除く)
※交通手段は問わないが、一般人が手配できる範囲。

2.宗谷で利尻昆布を買って、波照間の宿の人に、
「お土産です、今日買ってきました!」と渡す。

18時、波照間【一日日本縦断記5】

16時半、船は定刻に波照間島着。相変わらずの「北朝鮮の工作船」と名高い小さい高速船は、相変わらずよく揺れますが、船酔いしないワシにはこの揺れすら楽しい。


宿の人が港まで迎えにきてたので、まずは宿に移動してチェックイン……の前に、大事な儀式(?)。


今夜の宿、「西浜荘」(素泊まりのみ1800円〜2500円。安い!)のおねえさんに、利尻昆布を贈呈!大変驚いて、大変喜んでくださいました!


荷物を置いてレンタサイクルで「日本最南端の碑」へ。ちょっと集落に寄りながら向かってみたら、かなり遠回りというか寄り道をして、碑についたのは18時半。


ついに、ついにゴールです!





「一日」という枠の中ですから、辛酸を舐めるような苦労があったワケじゃないですが、計画をして諸々手配して、ついに成し遂げた「悪ふざけ」。アホなことだからこそ大まじめにやる。これがどうしようもなく楽しいんです!


今夜は、波照間の満天の星空を見ながら、この悪ふざけを噛み締めたいと思います。



写真
・西浜荘のおねえさんに利尻昆布を贈呈(掲載許可いただいてます)
・最南端の碑
・高台から波照間島。どこにカメラを向けても絵になる。





●「一日日本縦断」ルール

1.0時以降に、日本最北端の宗谷岬を出発し、日付の変わる前に、
日本最南端の波照間島の「日本最南端の碑」にたどり着く。
※この場合の「最北端」「最南端」とは、一般人が通常の方法で行ける範囲。
(よって、択捉島、硫黄島、沖ノ鳥島は除く)
※交通手段は問わないが、一般人が手配できる範囲。

2.宗谷で利尻昆布を買って、波照間の宿の人に、
「お土産です、今日買ってきました!」と渡す。



オールクリア、ミッションコンプリート!










次回、一日日本横断をお楽しみに!(ぇ!)